一般社団法人ラフはがん患者の皆様へ「必要な人に」「必要な時に」「必要な情報を」提供できる場所を提供しています。

アクセス サイトマップ 個人情報保護方針
電話番号

市民講座・お知らせ・メディア掲載情報

「がんとともに 生きるということ」市民講座開催 8月8日(土)
公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 助成
一般社団法人らふ設立記念市民講座
「がんとともに生きるということ」を行います。
日時:平成27年8月8日(土)13時~
場所:りんくう総合医療センターりんくう教育研修棟3階大会議室にて。

1部は、乳がん患者でありながら、末期がんの実父を自宅で看取られた
溝口全子さんの体験をお話頂きます。

また2部は、「みんなで語ろう、がんのこと。これからのこと。」と題して、
グループワークを行います。
難しく考えず、地域のみなさんが、聞いてみたいことを気軽に聞ける場にしようと
考えた企画です。

「再発している今はどんな気持ちで過ごしてるんだろう?」
「代替療法ってどんなもの?」
「ホンマに家で看取りなんかできるの?」
「どんな風に在宅医療を始めたらいいの?」
「入院中に相談できるの?」
「かかりつけ医もいなかったら?」
「もし、心配な時はどうしたらいいの?」
「それって治療はしないってこと?」
「緩和ケアってなに?」
「この先生はどんな先生?」

どんなことでも構いません。
少人数でグループ分けをして、自分の聞いてみたい先生、看護師、体験者に
本音で聞いてみませんか?
この地域でどんな先生がいて、どんなことが出来、どんな風に在宅医療ができるのか?

どなたでも参加出来ます。
先着100名です。詳細チラシは、こちら